即日融資が可能なカードローンは審査甘いわけではない

近年では即日融資が可能なカードローンが人気となっています。直接来店せずに、大手の消費者金融や、規模の大きい銀行やネットバンクでは、インターネットからの申し込みが可能になっていることも多く、一定の借入希望額以下であれば、書類も本人確認ができる身元証明書の提出のみで済むケースがあったり、代替書類を提出すれば在籍確認なしになったりしますので、審査甘いと考える方も多いのではないでしょうか。即日融資が可能なカードローンの場合は審査甘いのではなく、、審査がある程度機械化されていますので、迅速に行えるだけです。スコアリング方式を採用している金融機関では、申込書に記載された情報を元に、勤務形態や勤務先の規模、固定電話の有無や、持ち家か賃貸住宅か等の項目を点数化し、一定以上の点数を超えた申込者のみ審査に通すやり方をしています。年収が低めの方、経営が安定しない自営業者やパートやアルバイト等の非正規雇用の方でも、他の項目の点数が高ければ十分審査に通る可能性が出てきます。

申込者の情報の審査と並行して、信用情報機関に照会し、申込者の契約や分割購入や借入の利用状況を見ます。債務整理の情報や、返済の度重なる遅延、延滞などの情報が記載されていた場合は、信用度が劣る状態ですので、審査に通過する見込みはほとんどありません。悪い情報が無くても、分割の利用額や他社借入が多い場合も問題となることがあり、貸付が見送られたり、審査に通ってもごくわずかな金額しか借入出来ないこともあるでしょう。審査甘いと考えるのは、大きな間違いです。代替書類を出せば、在籍確認が不要となるのは、ハードルが高くなります。特定の銀行の預金口座が必要となったり、社名入りの健康保険証等の提出が必要となる場合がありますので、国民健康保険証を保有している方は難しいでしょう。また、本人確認の書類も、顔写真が入っている運転免許証でないと、インターネットでの申し込みが難しい場合があり、郵送申し込みに切り替えられることがあります。また、追加の書類も必要になり、即日融資が難しくなるケースもありますので注意しなくてはいけません。

関連記事